摂氏38度

 

八月も半ばを迎えいよいよ生きにくく苦しい
季節になってきた。
外に出れば蝉が働けと言わんばかりに
しつこいほどにそれも嫌気がさす保につんざいてくる。
確かに7月8月とほぼライブをしてないといってもいいくらいに
ライブをしてない。
ライブをしてないときの俺は本当にろくでもない
生活をしている。
起きてバスケのゲームをし、酒を飲み夜の町へ
でかけ何をするでもなくだらだら過ごす。
こんな日々が俺を作っていると思うと
反吐が出るけどまぎれもない事実だ。
こんな俺が唯一のめりこんだのはまさに
音楽だ。自由でハッピーな世界にぞっこんなわけで
生きる理由もないけど死なないためにロックンロールをしばく。
このままひとりなんじゃないかと、
不安な毎日。酒でごまかす毎日。
だけどそれでも音楽に俺は惚れてる。
夏というのは不思議なもので
ほかの季節にはない感情を運んでくる。
いいか悪いかはわからんけど俺は好き。
暑いと言いながらもお祭りにはいく人々
暑いと言いながらもくっつく人々
暑いと言いながらも外で酒を飲む俺。
また明日もきっと同じことを思うのだろう。
来年も。
その時に飲むお酒が少しでもいいお酒に。
この夏はまぎれもなく苦しむ夏になると同時に
リトル今泉はまだこの夏に釣りと川遊びの夢をあきらめてない。

コメントを残す